家づくりブログ

家づくりブログ

所有地を活用しての建築

2017.05.3

祖父母や両親、若しくは親戚や知人が所有している土地。

これらの土地を活用して建築をすれば、土地を新たに購入する費用が省けたり、軽減できたりして、
資金計画にゆとりが出ると考えられるお客様は大勢おられます。

しかし、実際には、そう簡単な話ばかりではありません。

まず、市街化区域か市街化調整区域かという問題があります。
後者であれば、市街化を抑制する地域ですから、原則としては、建築を控えなければいけませんので、
建築するとしても、行政(市町村)から許可を受ける必要が出てきます。

また、写真のような農地であれば、農業委員会に農地を宅地に変えるための許可(農地転用許可)をとる
必要があります。

所有地であれば、どのように使っても構わないというわけではありません。
住宅建築をするにあたり、その土地には、どのような制限(ルール)があるのかを調査して知ることが重要です。
その上で、各種許可申請が必要となってきます。

こうした建築地の調査や許可申請の業務にも、日々の業務の中で関わらせていただいています。
所有地等への建築をお考えの方は、お気軽にご相談ください。

IMG_20170502_083514

マイホーム購入予算診断サービス お申込み・お問合せはこちらマイホーム購入予算診断サービス お申込み・お問合せはこちら
おうみ家づくり相談所とは サービスの流れ 住宅購入でお悩みの方へ 提供会社一覧 完成事例 お客様の声