家づくりブログ

家づくりブログ

夫婦で住宅ローンを組む

2017.06.14

夫婦共働きのご家庭が増えているため、二人の収入を合算して住宅ローンを

借りられる方は増えていると思われます。

 

単に収入を合算して申込をしただけなら(連帯保証)、住宅ローンを借りた人(主債務者)が、

単独で所有する不動産で問題ないと思います。

 

ところが、ご夫婦二人で借りたのに(連帯債務)、どちらか一方の名義で登記したとしたら、

これは、贈与と見做される可能性が出てきます。

 

ご夫婦の、どちらにいくら貸したのかを明確にしている金融機関もあれば、

ご夫婦に貸した総額だけが決まっている金融機関もあります。

 

こうした総額だけが決まっている場合に、不動産の名義を、夫婦で何割ずつ持てばよいのか、、、

住宅購入され方から、よく耳にする質問のひとつです。

 

この割合が、団体信用生命保険や、住宅ローン控除等にも、関係してくるので、

専門家と相談しながら、慎重に決めるようにしましょう。

 

 

無題

マイホーム購入予算診断サービス お申込み・お問合せはこちらマイホーム購入予算診断サービス お申込み・お問合せはこちら
おうみ家づくり相談所とは サービスの流れ 住宅購入でお悩みの方へ 提供会社一覧 完成事例 お客様の声