おうちの豆知識ブログ

おうちの豆知識ブログ

滋賀でマイホームを購入する方必見!購入時期はいつがいいの?

2019.08.9

マイホームを購入の時期で悩まれている方は多いようです。
マイホームを購入する時期を考えるには、年齢、子供の有無、年収などさまざまな条件を考える必要があります。
いったいいつ、マイホームを購入するのが良いのでしょうか。
「マイホームを建てる時期はいつ頃が良いのか分からない。」
「どうやって買い時を判断すればいいの?」
この記事では、こんな悩みを持つ方に向けて、マイホームを購入する時期の判断方法について解説します。
ぜひ参考にしてみてください。

□マイホームの購入時期を考える3つのポイント

*家族

家族がどんな状況なのかは、住宅の購入時期を考える際に重要です。
結婚や出産、子供の入学など、家族構成やライフプランの変化をきっかけに、マイホームを購入する方は多くいます。
実は半数以上の方が、子供の小学校入学までにマイホームを購入しています。
家族構成によって、物件を選ぶ基準も変わってきます。

*年齢

新築、中古を問わず、マイホームの購入は30代で行う方が最も多く、次いで40代が続きます。
どんなタイミングでマイホームを建てるにしても、自分のライフスタイルに合わせた選択をすることが大切です。

*世帯年収

「平成27年度住宅市場動向調査報告書」によると、マイホームを購入した人の年収は大体580~650万円でした。
最も多いのは世帯収入が400~600万円の家庭であり、どんな年収層でもマイホームの購入はできると言えます。
住宅などの不動産は、ローンを組んで購入する方がほとんどです。
余裕を持って返済できるように、資金計画はしっかりと考えましょう。

□家を購入するきっかけ

マイホームを購入した人は、どんなことがきっかけになったのでしょうか。
いくつか例を紹介しますので、住宅を購入する時期の判断材料にしてみてください。

*子供が生まれ、賃貸では狭く感じるようになったから

子供が増えると、想像以上に物が増えます。
子供がいないときは十分だと思っていた収納スペースも、子供の成長に合わせて足りなくなってくるものです。
収納に限界が来たと感じ、マイホームを検討する方は多くいます。
また、子供が大きくなれば子供部屋を用意する必要も出てくるでしょう。

*家賃を払うのはもったいないと考えるようになってきたとき

家賃は支払えばなくなってしまいますが、家は資産として残ります。
建物は、住み始めてしまうと価値は下がっていきますが、土地の価格は必ずしも下がるわけではありません。
将来のことを考え、どうせ払うならマンションなどの家賃を払っているのはもったいないとも考えられます。

□まとめ

マイホームの購入は、さまざまな要素を総合的に判断して、決断するようにしましょう。
この記事が、マイホームを建てる時期を考える際の参考になれば幸いです。

マイホーム購入予算診断サービス お申込み・お問合せはこちらマイホーム購入予算診断サービス お申込み・お問合せはこちら
おうみ家づくり相談所とは サービスの流れ 住宅購入でお悩みの方へ 提供会社一覧 完成事例 お客様の声