おうちの豆知識ブログ

おうちの豆知識ブログ

米原で新築をお考えの方必見!諸費用ってどのくらいかかるの?

2019.09.5

「住宅以外にどのくらいお金がかかるの?」
「結局どれだけお金を用意したら良いのだろう?」

このようにお考えの方は多いのではないでしょうか?
マイホームを建てるとは言っても、住宅以外にもたくさんお金がかかります。
どのようなものにお金がかかるのかについて詳しく知らないという方は多いかと思います。
そこで、今回は、どのくらいの諸費用が必要なのかについてお話します!

 

□諸費用とは?

諸費用とは、住宅の購入代金以外の税金や手数料などのことで、現金で支払うお金のことです。
全体で新築注文住宅なら物件価格の約10%、新築建売住宅なら約5%の価格の諸費用がかかることが多いです。
しかし、諸費用によっては節約できるものもあります。
ここでは、主な諸費用10個を紹介します。

 

□節約できない諸費用

*売買契約書貼り付け用収入印紙代金

不動産売買契約時に、契約書に所定の金額の印紙を貼って割印をします。

*住宅ローン契約書貼り付け用収入印紙代金

銀行から住宅ローンを借りるときに交わす契約書に貼る印紙代です。

*登記費用

家を買うと家の所有権が、住宅ローンを組んでお金を借りるとその家に抵当権という権利が与えられ、この権利を登記と呼ばれる方法で記載します。
司法書士へ支払う費用です。

*表示登記費用

家を建てたことを登記して、住所をもらいます。
土地家屋調査士へ支払う費用です。

*ローン保証料

住宅ローンを銀行から借り入れる際に、保証料というものを保証会社へ支払って、銀行からの借入を保証してもらいます。

*固定資産税精算金

売主は固定資産税を1年間分前払いしているので、物件代を支払う日を境に日割で精算します。

*ローン手数料

住宅ローンを銀行から借り入れるときに必要な費用です。

 

□節約できる諸費用

*仲介手数料

不動産会社へ支払う報酬です。
購入した物件が売主から直接買った場合には、この手数料はかかりません。

*ローン代行手数料

多くの不動産会社は銀行と提携していて、住宅ローンを利用する際の代行費用です。

*火災保険料

火災保険への加入を義務づけて住宅ローンを融資している金融機関もあります。
加入時に10年間一括で支払うとお得です。

 

□まとめ

今回は、新築の諸費用に関してお伝えしてきましたが、いかがでしたか?
マイホームを手にするにはたくさんの手続きとお金がかかります。

おうみ家づくり相談所は、みなさんが安心して楽しめる家づくりを目指しております。
専門家が第三者の立場からお客様をサポートいたします。
また、すでに家を建てられた方のご相談にも対応しております。
お電話・メールで、お申込み・お問い合わせを承っております。
お気軽にご連絡ください!

マイホーム購入予算診断サービス お申込み・お問合せはこちらマイホーム購入予算診断サービス お申込み・お問合せはこちら
おうみ家づくり相談所とは サービスの流れ 住宅購入でお悩みの方へ 提供会社一覧 完成事例 お客様の声