おうちの豆知識ブログ

おうちの豆知識ブログ

滋賀に新築一戸建てを建てたい!ロフトについて解説します!

2020.04.22

滋賀県で新築住宅をお考えの方はいらっしゃいませんか?
新居を建てる際に迷ってしまうのは、どのような間取りにするかではないでしょうか。
部屋の間取りを考える際の提案として、ロフトの導入を考えてみてはいかがですか?
ロフトを設置することにはいくつかメリットがありますので、今回はそれについて解説します。

 

□ロフトとは何かについて解説

ロフトのメリットについて解説する前に、ロフトのことをあまりご存知でない方もいらっしゃると思いますので、ロフトとは何か、またロフトの特徴について解説します。
ロフトとは、部屋の上部の空間に作られた小さな部屋のことで、他の一般的な居室とは異なる特徴を持っています。
それゆえに、建築基準法の基準を満たさないという理由で居室として扱われないケースがあり、建物の床面積の一部に含まれないこともあります。
具体的には、どのようなロフトが居室としてみなされず、床面積に含まれないのでしょうか。
その条件は主に6つあります。
・ロフトの床面積が、ロフトが配置されている部屋の床面積の半分未満であること。
・天井の高さが1.4m以下であること。
・ロフトの内部に収納スペースがないこと。
・ロフトの内部にテレビやインターネットのジャックが取り付けられていないこと。
・ロフトの床が畳やタイルカーペットで覆われていないこと。
・居住目的で使用するようアレンジされていないこと。
以上が挙げられます。
これらの条件が満たされたロフトは、一つの階ではなく小屋裏物置として扱われ、床面積に含まれません。
天井が低いことが多いので一般に収納スペースとして利用されますが、書斎や子ども部屋など、考え方次第で多様な目的で使えます。

 

□ロフトのメリットを解説

ロフトについて解説しましたが、ロフトを取り入れることで何かいいことがあるのかと疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。
そこで、ここではロフトを設置することによるメリットを3つご紹介します。
まず1つ目は、収納スペースの確保ができることです。
ロフトは一般的な部屋と比べて天井が低いですが、最大で下の階の部屋の半分の面積を有するものもあり、収納スペースとしてはかなり広い空間です。
あまり大きな荷物は収納できないかもしれませんが、クローゼットに入りきらなかった小さめの家財を収納するには便利なスペースではないでしょうか。
また、普段は何も置かずに空けておいて、急なお客さんが来たときに、一時的に見られたくないものを保管しておくために使用している人もいます。
趣味でコレクションしているものを並べておく趣味用の部屋として使うのもひとつのオプションとして良いのではないでしょうか。
2つ目は、居住空間としても使用できる点です。
先ほど、建築基準法の関係でロフトは居室として扱われないと言いましたが、もちろん居室としても使用できます。
天井が低いのが特徴ですが、狭い場所の方が落ち着くといってその狭さを気に入る人も中にはいらっしゃるでしょう。
立って移動するほどの天井の高さはありませんが、寝室としての利用ならば問題ないのではないでしょうか。
他にも書斎としての利用や、趣味の空間としての利用、さらには子ども部屋としての利用も考えられます。
3つ目は、空間が広く感じられるという点です。
ロフトがある部屋はたいてい天井が高めに作られていて、開放感を感じられるお部屋になっているでしょう。
それに加えてロフトがあると、ロフトのない方の部分が吹き抜けのようになって、より開放感がある部屋に見えます。
以上をまとめると、収納スペースを確保できる点、多様な用途で居住のための空間としても使用できる点、より開放感のある広々とした空間を作れる点がロフトのメリットです。

 

□ロフトのデメリットについて解説

ロフトのメリットについて解説しましたが、実はメリットばかりではなくデメリットもいくつかあります。
ここでは、ロフトのデメリット3つを取り上げます。
1つ目のデメリットは、温度の調節がしにくい点でしょう。
ロフトがあるのは部屋の上部なので、夏場はとても蒸し暑くなってしまいます。
なぜなら、エアコンから放出される冷たい風は部屋の下部に流れ込んでしまい、熱気が部屋の上部に溜まってしまうからです。
そのため、扇風機を置くなどして、暑さ対策をする必要があるでしょう。
2つ目は、掃除がしにくいという点です。
ご存知の通り、ロフトに上がるためにはハシゴを使わなくてはいけません。
そのため、重たい掃除機をロフトまで持って上がるのはとても大変でしょう。
コンパクトなサイズの掃除器具があれば、この問題に対処できます。
3つ目は、ハシゴを登るのが疲れるという点でしょう。
ハシゴを登らないといけないので、疲れているときにはそのハシゴが難点となります。

 

□まとめ

今回は、新築一戸建てにロフトを設置するメリットとデメリットについて解説しました。
使い方によってはその用途はさまざまで、とても魅力的な空間ですが、いくつかの難点があることも考慮しなければなりません。
メリットデメリットの両方を見たうえで、ぜひロフトの設置を検討してみてください。

マイホーム購入予算診断サービス お申込み・お問合せはこちらマイホーム購入予算診断サービス お申込み・お問合せはこちら
おうみ家づくり相談所とは サービスの流れ 住宅購入でお悩みの方へ 提供会社一覧 完成事例 お客様の声