家づくりブログ

家づくりブログ

滋賀にお住まいの方へ!新築一戸建てのキッチンはどのようにするべき?

2020.05.22

何かと種類の多いキッチンは、デザインや機能性に様々なものがありますよね。
今回は実際に使い始めてから後悔しない、キッチンのポイントをご紹介します。

□キッチンには3種類ある

実は、キッチンには3つの種類があります。
それぞれの特徴とメリット、デメリットについてご紹介します。

まず1つ目は、壁付キッチンです。
この形のキッチンは、壁面に向かって設置されており、余計なスペースを作らないため、リビングを広くとることが可能です。
また、設置面積が少ない分、費用を抑えられます。
キッチンをコンパクトにしたい方には最適なタイプだと言えるでしょう。
一方、リビングを背面に作業するため、赤ちゃんや遊んでいる子どもの様子を確認しにくいというデメリットがあります。

2つめに紹介するのは、対面キッチンです。
対面キッチンは、リビングに向かって設置されます。
このキッチンの特徴は、コミュニケーションが取りやすいことと、配膳や片づけが容易になることです。
リビングに向かってキッチンが設置されているため、赤ちゃんや小さいお子さんに気を配りながら作業ができますよ。
余計な心配をする必要はありません。
子育てをする方におすすめのキッチンだと言えるでしょう。

また、キッチンからすぐに料理を渡すことが可能になるため、配膳や片づけの時間を短縮することができます。
一方、デメリットはスペースを取ってしまうことです。
背面に空間が必要になるため、余計なスペースをうむことになります。
冷蔵庫や食器棚をうまく配置して、スペースの有効活用をしましょう。

3つめに紹介するのは、独立型キッチンです。
上記2つのキッチンは、オープンキッチンとも呼ばれており、居住空間と区画分けされていません。
一方、独立型キッチンはキッチンスペースが1つの部屋になっています。
このキッチンの特徴は、料理のしやすさでしょう。
収納スペースや料理台の広さを多く取れますよ。

また、部屋ごとキッチンにするため、レイアウトを自由に決められます。
キッチンにこだわりをもっている方はこのスタイルが良いでしょう。
しかし、他の部屋と別れてしまうため、配膳や片づけに手間がかかってしまう点や、費用が高くついてしまうというデメリットがあります。

□キッチンを使い勝手を決める3つのポイントとは

ここまで3種類のキッチンについて紹介しました。
それぞれのタイプに特徴があるため、どのように選択すれば良いか分からない方がいらっしゃるでしょう。

キッチンを選ぶ際には、3つのポイントがあります。
ここからは、このポイントについて解説します。

ポイントの1つ目は、カウンターまでの高さです。
見落とされがちですが、キッチンの高さは非常に重要なポイントだと言えるでしょう。
一般的に、料理をしやすい理想の高さは、「身長÷2+5cm」だと言われています。
身長160㎝の女性であれば、160÷2+5=85cmが理想の高さです。
一方、176cmの男性の場合であれば、176÷2+5=93cmでしょう。
家族の誰かが料理を常に担当している場合であれば、その方の身長に合わせるのがおすすめです。
しかし、多くの方が料理をする場合は、誰かの身長に合わせる必要があるでしょう。
多くの家庭では、こういった場合、身長が低い方に合わせてキッチン設計することが多いようです。
キッチンの高さは、使いやすさに大きく影響します。
是非実際に計算して理想のキッチンを手に入れてください。

2つめのポイントは、ダイニングテーブルです。
「キッチン選びにダイニングテーブルは関係あるのかな」と思われる方がいらっしゃるかもしれません。
しかし、ダイニングテーブルの位置は、今後の生活に大きく関わります。
ダイニングテーブルはキッチンカウンターに併設すると良いでしょう。
配膳と片づけが非常に簡単になりますよ。
家事の手間をできるだけ省くために、カウンターの近くにダイニングテーブルを置くのがおすすめです。

3つめのポイントは、家事を行う動線の確保です。
キッチンは毎日使うものであるため、ちょっとした使い勝手の悪さが大きなストレスになることがあるでしょう。
そうならないためには、家事を行うための動線を整えておくことが大切です。
キッチンを選ぶ際の動線とは、料理をする場所、冷蔵庫の位置、食器棚の位置、配膳までの距離などを指します。
これらのレイアウトで、ポイントとなるのは移動距離です。
キッチンは、最小限の動きで作業できるようにレイアウト設計すると良いでしょう。
どのキッチンを選ぶかによって、置ける物の位置や大きさが異なります。
どのキッチンであれば最適な動線が確保できるのか、また理想のキッチンを実現できるスペースはあるのか、実際の家と照らし合わせて確認することが大切です。

□まとめ

以上、キッチンを選ぶ際のポイントについてまとめました。
キッチンは毎日使用するため、できるだけ実生活に合った物を選ぶ必要があります。
新築だからこそ、キッチンは慎重に選びましょう。

マイホーム購入予算診断サービス お申込み・お問合せはこちらマイホーム購入予算診断サービス お申込み・お問合せはこちら
おうみ家づくり相談所とは サービスの流れ 住宅購入でお悩みの方へ 提供会社一覧 完成事例 お客様の声