おうちの豆知識ブログ

おうちの豆知識ブログ

滋賀に一戸建てを検討中の皆さん!天井の高さでお困りではありませんか?

2020.07.15

滋賀で一戸建てを検討中のみなさん、天井の高さでお悩みではありませんか。
天井の高さで部屋の印象が大きく変わります。
しかし、天井が高いからといって良いことばかりではありません。
あまり高すぎても逆効果になることがあります。
今回は、天井の高さで与えるメリットやデメリットについて詳しくご紹介します。

□天井が高いとどんなメリットがあるのか

みなさんは天井が高い家に住みたいですか。
天井が高いと家に高級感があるように感じます。
また、マンションや集合住宅に住む場合、天井は規定の高さであるために高さを選ぶ機会がありません。
そのため、自分好みの天井の高さを実現できるのは一戸建てならではでしょう。

では、天井が高いことでどのようなメリットがあるのでしょうか。

1つ目のメリットは開放感のある部屋になることです。
天井が高いことで部屋全体を広く見せることができ、開放感溢れる部屋を演出できます。
客人を呼んだ際、少しでも自分の家をよく見てもらいたいはずです。
そういった状況で天井が高く開放感のある部屋であった場合、広々とした良い家と感じることでしょう。

2つ目のメリットは高い位置からの採光が可能になることです。
高い位置から採光できることで部屋の奥まで光を差し込ませることができ、部屋全体を明るく保つことができます。
また、日光で部屋全体を照らせるため照明やライトはあまり使いません。
天気の悪い日や夜間にしか照明を使わなくなるため、電気代の節約にも繋がります。

3つ目のメリットは吹き抜けにできるということです。
吹き抜けについては後でまとめてご紹介します。

では、天井が高いことによるデメリットはあるのでしょうか。

□天井が高いとこんなデメリットが

天井が高いことによる1つ目のデメリットは冷暖房の効率が下がることです。
天井が高いことで部屋の容積が増えてしまいます。
容積が大きいと、部屋全体を快適な気温にするために通常よりも多くの時間がかかってしまします。
照明に使う電力が少ない反面で冷暖房に多くの電力を費やすことになるでしょう。

2つ目のデメリットは天井を高くするために費用が大きくなることです。
天井が高いと、その分壁紙クロスも大きいものを使用することになります。
また、天井が高いと支える柱を太くしなければなりません。
そのため、費用がかかっても良いと思えるような自分に合ったメリットを見つける必要があるでしょう。

3つ目のデメリットは天井高が高い分だけ家の外観が変わり、階段が増えることです。
通常の家よりも外観が細長く見えてしまいます。
天井を高くしただけ上に伸ばされたような形になるでしょう。
思っていた外観ではなくなることに抵抗がある方にはおすすめできません。

また、階段の数が増えるため、建設する際の若干の費用と、普段の生活に多少の負担が加わります。
念のためにそのことも頭に入れておきましょう。

4つ目のデメリットは狭い部屋で天井だけ高いと逆効果になってしまうことです。
細い場所で天井を高くしたとしたら、細長さが強調されて決して広いと感じることができません。
そのため、必ず広々とした空間になるというわけではなく、面積に適した程よい高さがおすすめでしょう。

□吹き抜けにするとどうなるのか

メリットの紹介で取り上げた吹き抜けについてご紹介します。
吹き抜けとは、2階部分の床が無い状態で1階部分とつながっている部屋の形のことを指します。
そのため、1階の天井が通常の2階の天井の位置であることになります。
しかし、それであるとただの天井の高い1階建ての家だと思われるでしょう。

実は、吹き抜けのある部分は大抵リビングなどの広い部屋のみで、ほかの部屋は1階部分に天井があります。
そのため、仮にリビングが吹き抜け構造である場合、リビング以外の部分には2階が存在している形がほとんどです。

では、吹き抜けにはどのようなメリットがあるのでしょうか。
吹き抜けにすることで、開放的に感じられたり、明るい部屋になったります。
また、窓を高い位置にすることでもっと明るい印象を持たせることもできるでしょう。

窓の位置によっては、風通しをよくすることも可能です。
室内に風を入れて換気することは生活の中でもかなり重要です。
気持ちよく生活するためにも窓の位置を上手に使うと、より良い暮らしが送れるでしょう。

また、吹き抜けであることで家族の存在感が目立ちます。
リビングの天井が無いと、2階にある部屋と間接的に繋がっている状態になります。
そのため、家族の気配を感じることができ、家族の距離が近づくでしょう。

しかし、吹き抜けにはデメリットも存在します。
まず、吹き抜けにすることで2階のスペースが減ります。
次に、高い部分の窓などの掃除が難しくなることです。
部屋の構造によっては、一人で全ての掃除が行えない場合があります。
そのため、掃除やメンテナンスを行う度に、業者を呼ぶ必要があるかもしれません。
これらを考慮して吹き抜けにするのかを決めましょう。

□まとめ

今回は天井が高いことによるメリットやデメリット、吹き抜けの特徴についてご紹介しました。
家を広く見せたい方は是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

マイホーム購入予算診断サービス お申込み・お問合せはこちらマイホーム購入予算診断サービス お申込み・お問合せはこちら
おうみ家づくり相談所とは サービスの流れ 住宅購入でお悩みの方へ 提供会社一覧 完成事例 お客様の声