家づくりブログ

家づくりブログ

住宅ローンの残高証明書

2020.11.11

年末調整の時期になりました。
住宅ローンを借りておられる方は、金融機関から「借入金の年末残高証明書」が手元に届きます。
 
これから、おうちを購入される方からすると、見たことがない書類かと思います。
 
給与をもらって収入とされている方も、自営業で収入を得ておられる方も、稼いだ額に基づいて、
税金を支払っていただいています。
 
住宅ローンを借りていただいている方については、その税金(所得税や住民税)が、一部、控除されます。

画像を見ると、3800万円以上の残高があることが分かります。
この金額の1%、つまり最大で38万円が、所得税や住民税から控除されます。この制度を「住宅ローン控除(減税)」といいます。

 
これが、10年間続くというわけですから、この画像のお客様の場合、合計約300万円くらいの税金が控除される可能性があります。制度を利用し預貯金を蓄えて、繰り上げ返済の原資にされる方は多いかと思います。
 
他にも、すまい給付金という制度もありますし、建物の固定資産税が一定年数半額になったり、登記の登録免許税や不動産取得税が軽減されたり、、、住宅購入を支援する仕組みがたくさん準備されています。

各種制度の詳しい説明は、ここでは記載できませんが、よく調べて制度を活用し、マイホームの購入による金銭面の負担を、
少しでも軽減できるようにしていきましょう。 

マイホーム購入予算診断サービス お申込み・お問合せはこちらマイホーム購入予算診断サービス お申込み・お問合せはこちら
注文住宅の相談窓口とは サービスの流れ 住宅購入でお悩みの方へ 提供会社一覧 完成事例 お客様の声